境内の紹介 山門 | 七国山薬王寺 | 真言宗豊山派 東京都青梅市にあるつつじのお寺

 
 
 
弘法大師 お砂踏み道 本堂 薬王寺の花 護摩堂(不動堂) 山門
 
「薬王寺の銅鐘は、寛政六(一七九四)年当時の住持秀剛和尚の発願と観善坊の助願により、多くの壇信徒の浄財を得て造られたもので、青梅裏宿(現・青梅市青梅八九〇番地付近)に住んでいた鋳物師島村照思の鋳造によるものである。
 この鐘は市内の鋳物師が製作した唯一のものとして貴重であり、また、鐘銘が古にして格調の高い秀剛和尚の書であり、陽鋳であることも特色である。」
(青梅市教育委員会による銘板より)

銅鐘がつられている鐘つき堂は鐘楼門としても市内唯一のものであり、山門とかねています。建立は江戸時代初期と伝えられております。

山門の楼上にある鐘は、毎日朝夕の6時に鳴らされ、皆様のご法楽を祈念いたしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2004/03/08: 境内の間伐・枝打ち

1月24日と2月28日に薬王寺の...
続きはこちら≫
 
 
 
 
 
2012年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2012/05/01~2012/05/06)
2010年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2010/04/26~2010/05/09)
2009年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2009/04/19~2009/05/07)
2008年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2008/04/23~2008/05/07)
2007年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2007/04/26~2007/05/02)
2006年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2006/04/22~2006/05/07)
2004年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2004/04/15~2004/04/28)
2003年版『つつじ開花状況』が掲載されています(2003/04/21~2003/05/05)
松田光完子写真展 『飛礫~tsubute~』が掲載されています(2002/04/26~2002/05/05)
 
 
 


copyright 2000-2009 yakuohji.